ロゴ
HOME>トピックス>ビタミンc誘導体を取り入れて美肌をつくろう!

ビタミンc誘導体を取り入れて美肌をつくろう!

美容液

ビタミンc誘導体とは

ビタミンcには、抗酸化作用や美白などに効果的な成分が含まれる優秀な成分ですが、壊れやすく不安定なため、化粧品に配合されてもビタミンcが持っている本来の効果を発揮せず、ビタミンcをそのまま肌につけても浸透しにくく、美容面では活用できない成分でした。ビタミンcの効果を発揮させるために、人工的に改良させた成分がビタミンc誘導体です。安定したビタミンcの効果と肌に浸透しやすくなっています。ビタミンc誘導体は、主に化粧水などには水溶性、クリームなどには油溶性、そして水溶性と油溶性の両方の性質がある3種類があります。ビタミンc誘導体には、抗酸化作用や新陳代謝を促進する作用がありますし、メラニンを取り除き色素沈着を防ぐ作用などさまざまな美容効果あります。

ウーマン

美肌になるには保湿が大事

ビタミンc誘導体には保湿力がほとんどありませんが、他の成分で保湿をすると美肌を目指しながら美肌を目指すことができます。ビタミンc誘導体が配合されている化粧水の多くが、コラーゲンやヒアルロン酸などの水溶性の保湿成分が含まれています。保湿力がほとんどないビタミンc誘導体の化粧水であっても保湿は可能です。乾燥肌でより保湿が必要な場合には、美容液やクリームで保湿成分をプラスしてあげることがおすすめです。プラスする保湿成分は、シアバターなどが配合されたエイジングケア美容液やクリーム、他にもホホバオイルなどの美容オイルがおすすめです。美容オイルを使うと水分の蒸発を防いでくれます。セラミドは油溶性の成分で、水分を掴んで保つ働きがあり、肌のバリア機能を守る働きがあります。ビタミンc誘導体を使いながらもヒト型セラミドを配合している美容液を利用するのもおすすめです。