>

個人データを守るためにやるべきこと

やっぱり大切!バックアップ!

「修理か買い替えか」の項目で、バックアップについて言及をしました。
ここで改めてバックアップの必要性を説明します。

修理は原則壊れた部分のみ行い、データを保存している「本体基板」と呼ばれる箇所は基本的にはいじりません。
ですからほとんどのケースでは、仮にバックアップが取れていなかったとしても、スマホは元通りになって返ってきます。
ところが「本体基板」そのものが故障してしまった場合や、修理中に不手際があったときには、データが消えてしまう恐れがあります。
ですので、万一に備え、修理前にバックアップを取っておくと安心なのです。

バックアップの方法は
・SDカードに保存する
・(Androidの場合)Googleアカウントと同期させる
・(iPhoneの場合)iTunesまたはiCloudと同期させる
などがあります。

突然スマホが操作できなくなった時に備え、普段からこまめにバックアップを取っておくのも大切です。

いつもスマホでしていることを見つめ直そう

あなたはスマホでSNSを利用していますか?ゲームをしていますか?
これらの便利で楽しいアプリを修理中、修理後も継続して使い続けたい場合に忘れてはならないことがあります。
それはID・パスワードの再確認です!

LINEやTwitterなどのSNSは、修理後にスマホが初期化されてしまったとしても、アプリを再インストールして従来のアカウントでログインすれば利用し続けることができます。(修理中に代替機を使う場合も同じです。)
しかし、パスワードを忘れてしまったり、アカウント認証が不十分だったりすると、ログインに時間がかかってしまいます。
あらかじめ確認しておきましょう。

SNSのみならず、スマホゲームや電子決済など、様々な場面でIDを求められることがあります。
朝起きてから夜寝るまで、あなたがどのようにスマホを利用しているかを見つめ直し、ID・パスワードをきちんと管理しましょう。


この記事をシェアする